初めてネットショップを作る方向けの記事
商用利用可能な素材集紹介

こんな利用方法が?アマゾン商品詳細ページを真似した履歴書が話題に

2013年2月5日 | カテゴリー:ITニュース 海外ビジネス


個人的にはamazonの商品詳細ページはコンパクトにまとめられながらも、しっかりと情報を伝えてるなと思っているのですが、まさかこんな利用方法を考える人が現れるとは・・・と言う話題です。

「アマゾン」まねた履歴書に大反響 閲覧数20万件、仕事のオファーも
CNN.co.jp

ネタと言えばネタなのですが、妙な「なるほど・・・」感に支配されていたりします。


こう言うのは発想の勝利と言うか、まさか自分自身を商品として売り出してしまうとは・・・。
と言う、海外では最近多いなーと感じる、自身の売り込みですが、ここまでこだわりだすと、実はものすごい才能を秘めた有能な方ではないのだろうか・・・って思いやすいですよね。

参考までに、つい先日までにこんなことがありました。

「仕事をください!」最後の7万円を使って自分の看板広告を出した就職浪人の若者が話題に
Pouch

「僕、彼女を募集しています 年齢・職業不問!」 Googleで広告打った学生が話題に
J-CASTニュース

日本国内ではこんな方が

世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへ
ページが開かない場合はミラーサイトへ

あんまり自分自身を商品にすると言う考え方(いろんな意味で)は好きではないのですが、こう言った発想は面白いですね。
マーケティング的に勉強できるかどうか・・・と言われると難しいかもしれませんが、事実として実際にオファーも出ているようで、話題性だけは十分だったようです。

最大級に身体を張ったジョークとも思えなくも無いですが、恐らく当人は本気でしょうし、人は本気を出せばこう言う事も出来るんだなーと、ただただ関心させられるばかりでした。

・・・しかしamazonのは上手ですねぇ。
amazonと言うショップの信頼性、分かりやすさ、ユーザーエクスペリエンス、どれを取っても売り込みやすいと言うのがよく分かった事例となるのかもしれません(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければ更新情報をいち早くお伝えする「ネットショップニュースなう!」のRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

このページの先頭へ