初めてネットショップを作る方向けの記事
商用利用可能な素材集紹介

誰でもテレビで通販が出来る時代がすぐそこに来ているのかもしれない。

2012年7月30日 | カテゴリー:国内ビジネス


まずはこちらの記事より。

「テレビでネット宅配」開始へ(NHK NEWSWEB)

最近は多くの大手チェーン店などにおいてもインターネットを利用した宅配や、独自の宅配サービスを展開しているところも増えてきており、いよいよ「お家で手軽に宅配を依頼できる」時代が来ているのかもしれません。

すでにその兆候こそ見えていましたが、より敷居が低く、高齢者の方でも手軽に使えるようなサービスが展開できるよう、各社様々な工夫が見られるようになりました。


実店舗が直接配達する仕組み

最近よくテレビなどのメディアでよく目にするようになったのですが、大手スーパーにおいてもインターネットを利用した宅配サービスが展開されており、実際に商品を見て触って購入できない代わりに、店員自ら最良と思われる商品を選別(生鮮食品なら、最も質の良いもの)し、指定時刻に配達すると言うサービスがあります。

ごく最近で言えば、日本最大手のコンビニエンスストアであるセブンイレブンにおいても、宅配サービスが始まっているのは記憶に新しいところでしょう。
特にこのようなサービスは外に出るのが困難になるケースの多い高齢者の多い地域では重宝されるものです。

しかし、これまでのサービスはあくまで「インターネット」を利用するか、もしくは電話で依頼をするケースがほとんどで、利便性が高いかと言われると、若者であればともかく、このような情報や機器に弱い中年層から高齢者においても万能なサービスであったかと言われると、それは難しいことだったと思います。

今回紹介の記事においては、「テレビ」を利用することで、リモコンから商品を選ぶということから、利用しやすさと言う意味においてはより向上したのは間違いありません。
これは「使い方を教える」側にとっても重要なことで、触れることの多いリモコンをお互いで触りながら実践的に教えることが出来ると言う意味でもありがたいものと言えます。

しかし問題も・・・

一見すると便利なものに見える「テレビで通販」ですが、これはテレビをLANケーブルにつないで利用することが前提となるため、まずはそのための準備をしなければなりません。

インターネットに詳しい方であれば難なく利用できるものですが、実際テレビのみでインターネット回線を用意しており、LANケーブルの繋いでいると言う家庭はどれだけあるでしょうか。

「広く普及しているテレビとインターネットを組み合わせることで、ITに不慣れな人のニーズにも応え、ネットスーパーの市場の認知度を高めていきたい」

とのことですが、ここに疑問を感じてしまいます。

結局はパソコンやゲーム機器のようなものを持っていなければインターネット回線を持つことはほとんど無く、そうなると、やはりそれらを利用できる若い世代が必要となる。
そうなると、高齢者の多い地域において万事問題なく普及するのかと言われると、それは難しいのでは? と。

そのあたりのフォローと言うか、誰がその部分の対策をしてくれるのだろうと思ってしまうわけで・・・。

そう言えば、相当昔に見た話だったなぁと

まだ私が小学生も低学年の時代でしょうか。
恐らく20年以上前の話ですが、子どもが好きな学研系の漫画で、「予想できる未来像」みたいな感じで「テレビから物が買えるようになるんです!」と紹介されていたことを覚えているのですが、それが20数年のときを経て実現に向かっているのかと思うと胸が熱くなるもので、いよいよ「通信販売」というものが限られた一部の層だけでなく、バリアフリーで利用できるようになる、その一歩がやっと近づいてきたのかなと思ってしまいます。

インターネットを駆使している方にとっては「とっくにそんな時代来ているのでは?」と思うかもしれませんが、実際は違います。
まだまだ地方の田舎などにおいてはインターネット過疎地も多く、近年になってやっと、インターネットを利用した通販を利用する人口が増えてきたのです。
全てはまだ始まったばかりなのです。

まだまだ完全な普及には時間がかかるかもしれませんが、私と同世代の方であれば多少は理解いただけると思うのですが、夢物語だったはずの時代がまずは一歩。
この先を期待したいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければ更新情報をいち早くお伝えする「ネットショップニュースなう!」のRSS購読、SNS参加もどうぞ!

RSSリーダーに登録する

twitterでフォローする

Facebookページを見る

このページの先頭へ